プレオープンイベント初日

じねんこどもクリニックの『プレオープンイベント』が始まりました。

クリニックを早く紹介したくて、また、素晴らしいスタッフを知っていただきたくてのイベントです。今日9月25日から28日まで、朝10時からやっています。

初日のきょうは島袋夏美助産師による温活セミナー。
この50年間で日本人の平均体温は1度近く下がっているそうです。体温の低下はさまざまな不調の原因となっているそうです。
セミナーの後は、医療事務スタッフの村山さんと知花さんにより台湾茶と紅茶がふるまわれました。

明日は診療報酬の仕組みについて医療事務スタッフの仲里さんがわかりやすく解説してくれます。また、看護師の手登根さんによるアロマキャンドル作り教室もありますよ。

まだ、若干名の余裕がありますので、朝一でお電話くだされば参加いただけます。

 

いやあ、やはり小児科には助産師さんが必須です。
開業前に見学に行った愛知県のクリニックでは、助産師さんや保育士さんが大活躍。ちょっと子育てに悩んでいるなあと思ったママさんは即助産師面談。育児の悩み、おっぱいの悩み、ママ自身の体調管理の悩みなど、助産師さんが親身になって相談に乗る体制が確立していました。当院もこのクリニックに習って、産後ケアに注力します。

 

文書料金など(自費項目)

文書料金・自費検査のおしらせ    2020/4/1現在

文書料
病名等の診断書(日本語) 3,000円
病名等の診断書(英語) 5,000円
登園許可書 500円
病児保育等の指示書 500円
ワクチン接種時の接種証明 無料
アレルギー等の管理指導表 3,000円
発達障がい関連文書:
 専門医の診断書 3,000円
 療育に関する意見書 5,000円
 障害児福祉手当認定診断書 10,000円
 特別児童扶養手当認定診断書 10,000円
留学時の診断書(英語) 10,000円
自費検査
幼児視力スクリーニング 1,000円
seca515での体組成分析 1,000円
リブレでの血糖連続測定 10,000円

自費ワクチン接種費用

ワクチン接種費用(自費ワクチン)は以下の通りです。税込。
こどもの定期接種や高齢者のワクチンで自治体負担のものは無料ですので、自治体発行の予防接種問診票をお持ちください。

2022年9月24日改訂

★インフルエンザワクチン
 大人 3,500円(1回接種)
 こども 3,000円(1回目、2回目とも)
★麻疹(はしか) 7,000円
★風疹 7,000円
★麻疹風疹混合(MR) 10,000円
★4種混合 10,000円
★3種混合 6,000円(トリビック)
★水痘(みずぼうそう) 9,000円
★おたふくかぜ 7,000円
★日本脳炎 7,500円
★B型肝炎 6,000円(1回あたり、3回必要)
★A型肝炎 9,000円(1回あたり、3回必要)
★ロタウイルス
当院ではロタリックスを標準にしていますが、ロタテックも対応可能です。
14,000円(ロタリックス1回あたり、2回必要)
10,000円(ロタテック1回あたり、3回必要)
★髄膜炎菌 22,000円
★BCG 10,000円
★不活化ポリオ 9,000円
★ヒブ 8,500円
★小児肺炎球菌 11,000円(プレベナー13)
★成人肺炎球菌 7,000円(ニューモバックス)
★子宮頸がん 16,000円
★DT 5,000円
★ツベルクリン反応検査(接種と判定) 5,000円

問診票はこちらから入手できます。あらかじめ印刷し記入してお持ち頂くと便利です。

#ワクチン #予防接種 #インフルエンザワクチン #インフルエンザ #ワクチン費用 #ワクチン値段

ワクチンのスケジュール管理

こどものワクチン管理はややこしいですね。

推奨されるスケジュールがコロコロ変わっている状況もあり、私たち小児科医でもうかうかしていると間違いそうなぐらいです。ここ数年でワクチンの種類もかなり増え、諸外国にやっと追いついた感があります。

私がおすすめするのはスマホのワクチンアプリの利用です。
いくつかあるようですので、一番使いやすいのを選んでください。
いくつかご紹介しておきます。

予防接種スケジューラーアプリ
「NPO法人VPDを知って、こどもを守ろうの会」作
予防接種を積極的に推進している団体で古くからワクチンスケジュールを公表しています

ワクチンノート
「カラダノート」作
そのほかにもネット上にはいくつかあるようです。いつのまにか使えなくなったりすることもあるでしょうから、上記のようなアプリが安心かと思います。

update Jul,31,2019

プレオープンイベントのお知らせ

9/25〜9/28
🌵プレオープンイベントを開催します!🌵

41307167_982073061972727_1917956880555048960_n

9/25(火) 10:00〜12:00
*当院 助産師による講座 (1時間)
『家族みんなで温めてしあわせの輪(和)をつなごう~温灸温活入門セミナー~』
*台湾茶&紅茶を美味しく飲もう!(30分)

9/26(水) 10:00〜12:00
*当院スタッフによる
アロマキャンドル作り🕯(45分程)

*当院医療事務スタッフによる
医療費明細の見かた🕯(30分程) ・・・ 計画中

9/27(木) 10:00〜12:00
*今西Drによる講演 (1時間〜1時間半)
『見逃されているこどもの鉄欠乏』
*コーヒーを美味しく飲もう!(30分)

9/28(金) 10:00〜12:00
*当院助産師による講座(2時間)
誕生学、妊婦体験、産道体験など

9/25-9/28の講座・講演に関して予約10名、ご予約はお電話となっております🌵

🌼じねん こども クリニック🌼
090-8383-5261
9月12日水曜日から電話予約を受付ます。9:30〜12:00、13:00〜16:30の時間帯にお願いします。

9/29(土)は‼️
開業前祝いがあり、
一般公開を14:00より行います😊

ぜひクリニックを
見にいらして下さい〜🌵

Family Wellness

皆様のお越しをお待ちしております。

待合室のご紹介

メインの待合室をご紹介しましょう。

予約システムを導入して待ち時間をなるべく短くしたいと思います。待合室は静かにジャズかクラシックのBGMを流します。テレビモニターも設置しますがネイチャー系のイメージ動画を流す予定です。お子様にはキッズスペースで子供用動画も準備します。

オーディオは半年前から準備してきたMingDaの真空管アンプが目玉です。終段は300B。音は澄み切って弦の響きも申し分ありません。相棒となるスピーカーはJBL。中高音の抜けが抜群です。ちょっと大きめの音でならしてみましたが心が躍ります。実はこのJBLアリーナ、モデルチェンジのためにお得に手に入りました。

スピーカーと並んでいる本棚には尊敬する先生方の著作を院内閲覧用に並べます。気に入った書籍があれば購入していただけるように、受付カウンターの手前には書籍の販売用本棚を準備しました。拙著も並べます。

待合室の反対側には、湊和雄さんの代表作を大判で展示します。湊さんは自然写真のプロ。代表作は二羽のヤンバルクイナ。当院のイメージキャラクターも湊さんの作品にちなんでヤンバルクイナにしました。いまは小さいのを飾っていますが、オープンの頃にはA1サイズをご披露できます。湊さん、展示のご快諾ありがとうございます。

床はヴィンテージウッドの床材です。じねん(自然)のイメージを具現化しました。

メインの待合室のほかに、発熱患者さん用の小さめの待合室、水痘など空気感染する病気の隔離待合室も準備しています。

基本は小児科らしくないデザインですが、随所に小児科っぽいところも散りばめていますので、お楽しみいただけると思います。9月29日(土)14:00~内覧会ですが、毎日出勤して準備しているので、ご遠慮なくいつでも覗きに来てください。

9月の最終週の25~28日にはプレオープン企画として、当院スタッフによるセミナーとゆんたく会を毎日予定しています。助産師による誕生学講座、アロマキャンドル手作り講座などなど魅力的なプログラムを計画中です。FaceBookページでも案内していきますので、本ブログとあわせてご覧ください。https://www.facebook.com/jinenkodomo/
9月18日(火)~電話で先着順で受け付ける予定です。

屋外サインがつきました

ビルの上部と道路沿いのサインポールに、クリニック名が表示されました。

8月末には内装工事もほぼ終了して、来月からは全スタッフ揃って10月1日の開業に向けて準備に入ります。内覧会は9月29日(土)14~16時の予定です。どなた様もご遠慮なく、どうぞおいでください。

ぬちぐすい食事会

食事栄養に意識の高い皆さんの定例の食事会の様子です。

糖質を減らしてケトン体効果を体感しておられる皆さんの定例食事会、ぬちぐすい食事会。1~2か月ごとに開かれます。今回は10年近く前から糖質制限食に理解のある「おもろ殿内」でのスペシャルメニュー。毎回、いつもの顔ぶれに加え、新しく参加する人がいて、どんどん輪が広がっています。

日本のMCTオイルでは草分け的存在である仙台勝山館(勝山ネクステージ)さんより、サンプルをいただきましたので皆さんにお渡しすることができました。皆さんのテンションもアップ。ケトン体もアップですね。勝山ネクステージ社はサッカー長友選手のブランドも手がけておられるのです。

このメンバーが主宰する食イベント&講演会11月18日(日)に那覇市の「てんぶす那覇」でひらかれます。講演会はケトン体の大家で産婦人科医の宗田先生、オーソモレキュラーの大家で心療内科の溝口先生をお招きします。広場では県内有名店舗による食イベントも。詳細が決まったらご報告します。お楽しみに。

 

鉄足りてますか?

毎月診療応援に来ている静岡の病院での一コマ。
スポーツマンの栄養相談が2件続いた。

クラブチームに所属しているほどのエリートスポーツ選手の中学生。今年は熱中症様の症状を2回も経験したとのこと。今年の本州の暑さは尋常ではなく、スポーツ中に熱中症様の症状が出たとしても仕方ないのかもしれない。しかし、コーチから調べてくるように指示を受けたとのこと。

詳しくお話を伺ってみると、マルチビタミンを使っている、塩タブレットなど塩分補給に気を遣っている。水やスポーツドリンクで水分補給は欠かさない。このように、しっかり対策を取っているようであった。

熱中症は、同じ状況に置かれていても、症状が出るかどうかは人それぞれ全く異なる。体調にもよるだろうし、その年のトレーニング状況にもよるだろう。難しい問題だ。

そこで、一通りの栄養評価をすることにした。まず最初に評価するのは、ビタミンB、タンパク質、鉄である。

フェリチンは60台で何かしら症状が出るような悪い状況ではない。しかしUIBCとTIBCが高く、赤血球がうまく鉄を利用できていない状態であった。Hbは13台と普通なら問題なしとする状態。赤血球の大きさを示すMCVも90弱でまずまず。UIBCだけがほかの数値と合わない状況。

さて、この選手は鉄は足りているのでしょうか?貧血はないのでしょうか?

結論から申し上げると、他の検査項目からVB群不足がありそうでした。おそらく葉酸不足もあるのでしょう。VB不足のため鉄の利用が不十分となりUIBC高値になっているのでしょう。さらに葉酸不足がありMCVが高めになっているのだと思われます。

この選手は、VB不足、葉酸不足、鉄不足なのです。VBや葉酸を投与すれば鉄利用が進み、フェリチンはきっと低値となることでしょう。鉄は実は不足しているのです。フェリチンの値だけでは間違ってしまいそうですね。

多くのスポーツ選手は様々な栄養不足状態にあると思われます。パフォーマンスアップには、栄養状態の適切な評価が必要ですが、現状では選手やコーチの意識が高いとはいえません。間違った栄養指導も原因の一つでしょうね。

もうお一人も、やはり鉄とVB不足、タンパク質不足が疑われました。