「発達障がいと食事療法」講演会

「オランダへ、ようこそ」

11月8日(木)に西原町で行われた講演会の締めくくりで朗読させていただきました。

社会福祉法人琉球溢愛会スマイルキッズが主催した講演会、テーマは「発達障がいと食事療法」。

溢愛会はケトン食療法に取り組んでおられ、スタッフは静岡てんかんセンターに研修に行ったり、てんかん学会に参加したり、その取り組みには頭が下がります。

スマイルキッズは放課後等デイサービスを提供しているのですが、発達障がいへ食事療法を応用できないか模索されておられます。

発達障害への標準的な治療法には食事療法は登場しませんが、効果を報告している先達がすくなからず存在するのも事実です。

昨日の講演では、私の知る限りの諸先輩方の成果をご披露しました。従来の治療法にプラスアルファーする価値があると考えています。

いつもは家庭菜園の野菜たちをスライド中に散りばめるのですが、昨日は「自閉症スペクトラム こだわり あるあるカルタ」を何枚か引用させていただきました。そして、詩を読ませていただきました。

100名の定員に対して150名以上のお申し込みがあったそうで、多くの方にお断りせねばならなかったと主催者は申し訳なさそうにおっしゃっていましたが、発達障がいの重要性を再確認しました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4907591136